[ルール]ステップ要素/ステップ要素におけるGOE判定の基準

黄色背景部分が前年シーズンからの変更

GOE判定の流れ

GOEの判定をする演技審判は、最大で9人までと決められています。基礎点の判定同様に、各要素(エレメンツ)が行われてからただちに判定しています。GOEを算出する手順を下記にまとめます。

  1. 9人のレフリーが、「+5から5の11段階」のGOEを判定する。
  2. 9人のレフリーから事前に抽選で2人が除外。計7人になる。
  3. 7人のレフリーの中で、各要素(エレメンツ)ごとに最大値と最小値を除外。計5人になる。
  4. 5人のレフリーの点数を変換し、平均点を算出する。
  5. 最終的なGOE得点となる。

GOE判定はプラス面およびマイナス面の両評価により判定

最終的なGOEの判定「+5から-5の11段階」を決める際には、プラス面およびマイナス面の両評価により判定を行っています。

  1. 始めに各要素(エレメンツ)のプラス面を考慮する。
  2. 次に、あり得るエラーのガイドラインに従ってGOEの引き下げを判断する。
  3. その結果が最終のGOE判定となる。

よって、すごく難しい入り方をして高さや幅のある綺麗なジャンプを跳んだが、着氷時にステップアウトしてしまったといった場合には、必ずしもマイナス評価になるとは限らないということになります。

また、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が0点(No Value:ノーバリュー)と判断された要素には、GOEはプラスもマイナスも付けられることはありません。

GOEプラス面のガイドライン

最終のGOEを計算するためには、まず始めに要素のプラス面を考慮し、これがGOE評価の起点となります。次に、ジャッジはあり得るエラーのガイドラインに従ってGOEを引き下げ、その結果が最終のGOEとなります。

ステップ・シークェンス

ショートプログラムフリースケーティングで行われる、ステップ・シークェンスのGOEプラス面のガイドラインです。

2018-19シーズン

プラス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

下記項目の中から、1項目に該当すれば「+1」、2項目に該当すれば「+2」、3項目に該当すれば「+3」、4項目に該当すれば「+4」、5項目以上に該当すれば「+5」が、「+5から-5の11段階」のGOEを判定の推奨とされています。

1 エッジが深く、明確なステップおよびターン
2 要素が音楽と合っている
3 エネルギー、流れ、出来栄えが十分で、開始から終了まで無駄な力が全く無い
4 創造的でオリジナリティがある
5 全身の優れた関わりとコントロール
6 シークェンス中のスピード、またはスピードの加速が十分

2017-18シーズン

プラス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

下記項目の中から、2項目に該当すれば「+1」、4項目に該当すれば「+2」、3項目以上に該当すれば「+3」が、「+3から-3の7段階」のGOEを判定の推奨とされています。

1 エネルギーが十分で焦点の定まった演技
2 シークェンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
3 シークェンス中に様々なステップを用いている
4 深いはっきりとしたエッジ(全てのターンの入りと出を含む)
5 全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップを維持
6 独創的でオリジナリティがある
7 開始から終了まで無駄な力が全く無い
8 要素が音楽構造を高めている

コレオグラフィック・シークェンス

フリースケーティングで行われる、コレオグラフィック・シークェンスのGOEプラス面のガイドラインです。

2018-19シーズン

プラス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

下記項目の中から、1項目に該当すれば「+1」、2項目に該当すれば「+2」、3項目に該当すれば「+3」、4項目に該当すれば「+4」、5項目以上に該当すれば「+5」が、「+5から-5の11段階」のGOEを判定の推奨とされています。

1 創造的でオリジナリティがある
2 要素が音楽と合っており、プログラムのコンセプト/特徴を反映している
3 エネルギー、流れ,出来栄えが十分で、開始から終了まで無駄な力が全く無い
4 氷面を十分にカバーしている
5 十分に明確で正確
6 全身の優れた関わりとコントロール

2017-18シーズン

プラス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

下記項目の中から、2項目に該当すれば「+1」、4項目に該当すれば「+2」、3項目以上に該当すれば「+3」が、「+3から-3の7段階」のGOEを判定の推奨とされています。

1 流れがよく、エネルギーが十分で焦点の定まった演技
2 シークェンス中のスピード、またはスピードの加速が十分
3 十分に明確で正確
4 全身が関わり十分にコントロールされている
5 独創的でオリジナリティがある
6 無駄な力が全くない
7 プログラムのコンセプト/特徴を反映している
8 要素が音楽構造を高めている

GOEマイナス面のガイドライン

要素のプラス面が考慮された後、ジャッジはあり得るエラーのガイドラインに従ってGOEを引き下げを行い、その結果が最終のGOEとなります。

ステップ・シークェンス

ショートプログラムフリースケーティングで行われる、ステップ・シークェンスのGOEプラス面のガイドラインです。

2018-19シーズン

マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

マイナス面のエラーが複数発生している場合は、それぞれのエラーに対するGOEの引き下げが合算されます。

2018年シーズンから「-3」から「-5」までに、GOEマイナスの点数が変更となりました。

ショートプログラムのみのGOEマイナス面のガイドライン

ショートプログラムのみに該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1 半回転を超えるリストにあるジャンプが含まれる -1
ショートとフリー共通のGOEマイナス面のガイドライン

ショートとフリー共通で該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1 転倒 -5
2 ステップ/ターンを行なっているのがパターンの半分に満たない -2 to -3
3 ステップやターンの質、姿勢が拙劣 -1 to -3
4 つまずき -1 to -3
5 音楽に一致していない -1 to -3

2017-18シーズン

マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

マイナス面のエラーが複数発生している場合は、それぞれのエラーに対するGOEの引き下げが合算されます。

ショートプログラムのみのGOEマイナス面のガイドライン

ショートプログラムのみに該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1 半回転を超えるリストにあるジャンプが含まれる -1
ショートとフリー共通のGOEマイナス面のガイドライン

ショートとフリー共通で該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1 転倒 -3
2 ステップ/ターンを行なっているのがパターンの半分に満たない -2 to -3
3 ステップやターンの質、姿勢が拙劣 -1 to -3
4 つまずき -1 to -2
5 音楽に一致していない -1 to -2

コレオグラフィック・シークェンス

フリースケーティングで行われる、コレオグラフィック・シークェンスのGOEプラス面のガイドラインです。

2018-19シーズン

マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

マイナス面のエラーが複数発生している場合は、それぞれのエラーに対するGOEの引き下げが合算されます。

2018年シーズンから「-3」から「-5」までに、GOEマイナスの点数が変更となりました。

1 転倒 -5
2 シークェンスをはっきりと行うことができない -2 to -3
3 シークェンス中にコントロールを失う -1 to -3
4 つまずき -1 to -3
5 音楽に一致していない、または創造性/オリジナリティに欠ける -1 to -3
6 動作の質が拙劣 -1 to -2

2017-18シーズン

マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ステップ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

マイナス面のエラーが複数発生している場合は、それぞれのエラーに対するGOEの引き下げが合算されます。

1 転倒 -3
2 シークェンスをはっきりと行うことができない -2 to -3
3 シークェンス中にコントロールを失う -1 to -3
4 つまずき -1 to -2
5 音楽構造を高めていない -1 to -3
6 動作の質が拙劣 -1 to -2