[ルール]採点方法/フィギュアスケート競技会の採点方法の概要

新採点システムと旧採点方法

旧採点方法と言われる6.0点満点方式

各プログラムの採点方法についてですが、2004~05年 シーズンまでは、6.0点を満点とする採点方法(旧採点方法)が適用されていました。

2005~06年シーズンからは、今の採点方法に完全に移行されました。以前は、「New Judging System(新採点システム)」と呼ばれていましたが、最近は、「International Judging System」と呼ばれているようです。ISUの規定のもとに行われています。

ルール改正が行われるタイミング

基本的な採点方法に変更はありませんが、2年ごとにルール改正が行われます。オリンピックシーズンの翌年シーズンと、その2年後になります。(細かな修正は毎年あります。)

総合得点=ショート+フリー

各種目の競技会には2つのプログラムがあります。男女シングルペアの場合はショートプログラムとフリースケーティングの2つ、アイスダンスの場合はショートダンスとフリーダンスの2つです。

ショートとフリーの2つのプログラムは、音楽・衣装・振り付け全てが違うプログラムです。競技が行われるのも別の日となります。

ショートとフリーの2つのプログラム、それぞれに得点が付けられ、それを足したものが最終的な総合得点になります。この得点により、順位が決められます。ショートプログラムで1位になっても最終順位が4位であれば、メダルはもらえません。ただし、世界選手権には「スモールメダル」というものがあり、各プログラムの上位3名に最終的なメダルとは別に小さなメダルが贈られます。

総得点=技術点+演技構成点−減点

フィギュアスケートの採点方法を簡潔に述べると、大きく3つの種類の点数の足し引き「技術点+演技構成点−減点」になります。最終的には、下記のような形になります。

総合得点
  SP(SD)総得点 Total Segment Score(TSS)  
    技術点(テクニカル エレメンツ) Technical Element Score(TES)    
    +    
    演技構成点(プログラム コンポーネンツ) Program Component Score(PCS)    
       
    減点(ディダクション) Deductions(Ded)    
     
  +  
  FS(FD)総得点 Total Segment Score(TSS)  
    技術点(テクニカル エレメンツ) Technical Element Score(TES)    
    +    
    演技構成点(プログラム コンポーネンツ) Program Component Score(PCS)    
       
    減点(ディダクション) Deductions(Ded)    
     
 

なお総合得点が同点だった場合は、フリースケーティングまたはフリーダンスの得点が高い選手が上位になります。