[ルール]ジャンプ要素/ジャンプ要素におけるGOE判定の基準

黄色背景部分が前年シーズンからの変更

GOE判定の流れ

GOEの判定をする演技審判は、最大で9人までと決められています。基礎点の判定同様に、各要素(エレメンツ)が行われてからただちに判定しています。GOEを算出する手順を下記にまとめます。

  1. 9人のレフリーが、「+5から-5の11段階」のGOEを判定する。
  2. 9人のレフリーから事前に抽選で2人が除外。計7人になる。
  3. 7人のレフリーの中で、各要素(エレメンツ)ごとに最大値と最小値を除外。計5人になる。
  4. 5人のレフリーの点数を変換し、平均点を算出する。
  5. 最終的なGOE得点となる。

GOE判定はプラス面およびマイナス面の両評価により判定

最終的なGOEの判定「+5から-5の11段階」を決める際には、プラス面およびマイナス面の両評価により判定を行っています。

  1. 始めに各要素(エレメンツ)のプラス面を考慮する。
  2. 次に、あり得るエラーのガイドラインに従ってGOEの引き下げを判断する。
  3. その結果が最終のGOE判定となる。

よって、すごく難しい入り方をして高さや幅のある綺麗なジャンプを跳んだが、着氷時にステップアウトしてしまったといった場合には、必ずしもマイナス評価になるとは限らないということになります。

また、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が0点(no value)と判断された要素には、GOEはプラスもマイナスも付けられることはありません。

GOEプラス面のガイドライン

最終のGOEを計算するためには、まず始めに要素のプラス面を考慮し、これがGOE評価の起点となります。次に、ジャッジはあり得るエラーのガイドラインに従ってGOEを引き下げ、その結果が最終のGOEとなります。

2018-19シーズン

プラス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ジャンプ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

下記項目の中から、1項目に該当すれば「+1」、2項目に該当すれば「+2」、3項目に該当すれば「+3」、4項目に該当すれば「+4」、5項目以上に該当すれば「+5」が、「+5から-5の11段階」のGOEを判定の推奨とされています。

1

高さおよび距離が非常に良い(ジャンプ・コンボおよびシークェンスでは全ジャンプ)

2

踏切および着氷が良い

3

開始から終了まで無駄な力が全く無い(ジャンプ・コンボではリズムを含む)

4

ジャンプの前にステップ,予想外または創造的な入り方

5

踏切から着氷までの身体の姿勢が非常に良い

6

要素が音楽に合っている

2017-18シーズン

プラス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ジャンプ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

下記項目の中から、2項目に該当すれば「+1」、4項目に該当すれば「+2」、6項目以上に該当すれば「+3」が、「+3から-3の7段階」のGOEを判定の推奨とされています。

1

予想外の / 独創的な / 難しい入り

2

明確ではっきりとしたステップ / フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る

(ショートプログラムにおける、ステップ / 動作から直ちに行うジャンプでは、独創的な、興味深い、オリジナリティがあるもの)

3

空中での姿勢変形 / ディレイド回転のジャンプ

4

高さおよび距離が十分

5

(四肢を)十分に伸ばした着氷姿勢 / 独創的な出方

6

入りから出までの流れが十分

ジャンプ・コンビネーション / ジャンプ・シークェンスを含む)

7

開始から終了まで無駄な力が全く無い

8

音楽構造に要素が合っている

GOEマイナス面のガイドライン

要素のプラス面が考慮された後、ジャッジはあり得るエラーのガイドラインに従ってGOEを引き下げを行い、その結果が最終のGOEとなります。

2018-19シーズン

マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ジャンプ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

マイナス面のエラーが複数発生している場合は、それぞれのエラーに対するGOEの引き下げが合算されます。

2018年シーズンから「-3」から「-5」までに、GOEマイナスの点数が変更となりました。

ショートプログラムのみのGOEマイナス面のガイドライン

ショートプログラムのみに該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1

要件を満たさないジャンプ要素の最終のGOEは必ず

(例:男子シングルでアクセル型ジャンプに「2A」を跳ぶ、女子シングルでジャンプ・コンビネーションに「2T+2T」を跳ぶ、など)

-5

ショートとフリー共通のGOEマイナス面のガイドライン

ショートとフリー共通で該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1

転倒

-5
2

1ジャンプの着氷が両足

-3 to -4
3

1ジャンプの着氷でのステップ・アウト

-3 to -4
4

ジャンプの間に2つのスリー・ターン

(ジャンプ・コンビネーション)

-2 to -3
5

フリップルッツでの踏み切りエッジ違反(記号「e」)

-3 to -4
6

フリップ/ルッツでの不明確な踏み切りエッジ(記号「!」)

-1 to -3
7

フリップ/ルッツでの不明確な踏み切りエッジ(記号無し)

-1
8

拙劣な踏み切り

-2 to -3
9

ダウングレード判定(Downgraded)(記号「<<」)

-3 to -4
10

回転不足判定(Under-rotated)(記号「<」)

-2 to -3
11

回転が足りない(記号無し)

(ジャンプ・コンビネーションにおけるオイラーの回転が足りない場合を含む)

-1 to -2
12

スピード、高さ、距離、空中姿勢が拙劣

-1 to -3
13

1ジャンプで両手がタッチ・ダウン

-2 to -3
14

片手またはフリー・フットがタッチ・ダウン

-1 to -2
15

ジャンプ間で流れが無い/方向を失う/リズムが無くなる

(コンビネーション/シークェンス)

-2 to -3
16

拙い着氷

(悪い姿勢/間違ったエッジ/引っかき等)

-1 to -3
17

長い構え

-2 to -3

2017-18シーズン

マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインは下記になります。ジャッジは各ジャンプ要素に対して、下記項目を考慮しなければならなりません。

マイナス面のエラーが複数発生している場合は、それぞれのエラーに対するGOEの引き下げが合算されます。

ショートプログラムのみのGOEマイナス面のガイドライン

ショートプログラムのみに該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1

要件を満たさないジャンプ要素の最終のGOEは必ず

(例:男子シングルでアクセル型ジャンプに「2A」を跳ぶ、女子シングルでジャンプ・コンビネーションに「2T+2T」を跳ぶ、など)

-3
2

ジャンプの前に要求されているステップ/動作が無い

(ステップからのソロ・ジャンプで)

-3
3

ステップ/動作から直ちにジャンプしない,ジャンプ前のステップ/動作が1つのみ

(ステップからのソロ・ジャンプで)

-1 to -2

ショートとフリー共通のGOEマイナス面のガイドライン

ショートとフリー共通で該当する、マイナス面のGOEを判定するためのガイドラインです。

1

転倒

-3
2

1ジャンプの着氷が両足

-3
3

1ジャンプの着氷でのステップ・アウト

-2 to -3
4

ジャンプの間に2つのスリー・ターン

(ジャンプ・コンビネーション)

-2
5

フリップルッツでの踏み切りエッジ違反(記号「e」)

-2 to -3
6

フリップ/ルッツでの不明確な踏み切りエッジ(記号「!」)

-1 to -2
7

フリップ/ルッツでの不明確な踏み切りエッジ(記号無し)

-1
8

ダウングレード判定(Downgraded)(記号「<<」)

-2 to -3
9

回転不足判定(Under-rotated)(記号「<」)

-1 to -2
10

回転が足りない(記号無し)

(ジャンプ・コンビネーションにおけるハーフ・ループの回転が足りない場合を含む)

-1
11

スピード、高さ、距離、空中姿勢が拙劣

-1 to -2
12

1ジャンプで両手がタッチ・ダウン

-2
13

片手またはフリー・フットがタッチ・ダウン

-1
14

ジャンプ間で流れが無い/方向を失う/リズムが無くなる

(コンビネーション/シークェンス)

-1 to -2
15

拙い着氷

(悪い姿勢/間違ったエッジ/引っかき等)

-1 to -2
16

拙劣な踏み切り

-1 to -2
17

長い構え

-1 to -2