[ルール]基礎知識/フィギュアスケートリンクとキス・アンド・クライ

スケートリンクのサイズ

フィギュアスケートに使用するスケートリンクのサイズについて、ISUではこの様に明記されています。

「60m×30m」が望ましい。また、これより大きいサイズでないようにする。
★「56m×26m」以上のサイズであること。

北米では、「60m×30m」のリンクは少なく、アイスホッケーの試合で使用される「約61m×約26m(正確には200フィート×85フィート)」のリンクの方が一般的です。カナダで行われた2013年の世界選手権で使用されたリンクがこれになります。幅が約4メートル短く、リンクサイドの壁に衝突する選手もいました。普段の練習で使用しているリンクが大きい選手には、少しやりづらかったようです。男子の4回転ジャンプ、ペアのリフトやツイストなどの大技を行う際は、かなりスピードを出すのでリンクのサイズは気になるところです。

キス・アンド・クライ

キス・アンド・クライとは、演技終了後に選手が得点発表を待つスペースのことをいいます。 名前の由来は、高得点が出れば喜び、悪ければ涙する、まさにキス・アンド・クライだからです。

選手は絶対にここで得点を待つ必要があります。いくら演技に納得がいかないからといって、キス・アンド・クライに座らないと罰金をとられる決まりになっているそうです。コーチや振付師、出身国のスケート関係者から家族まで、いろいろな人が一緒にここに座ります。たくさんの選手を教えているコーチは、続けて自分の教える選手が出る場合は、得点が出ないうちに次の滑走順の選手のもとに行く場合もあります。